小さな会社で法人クレジットカードを持つ有用性

Pocket

img_1659

起業をしたら法人のクレジットカードを作りましょう。

 

経費を一元管理化できますし、

ポイントも付きますので非常に便利です。

 

また、支払いをカードによる締めで先延ばしに

できるのも、経営者としてはありがたいものです。

 

『集金は早めに!支払いは遅めに!』

 

これが鉄則です。

 

自分は、楽天ビジネスカードを利用しています。

スモールビジネスであれば、十分まかなえるでしょう。

 

法人カードを作るには?

  1. 個人の楽天プレミアムカードを作る
  2. 法人カードの申請を行う

という流れになります。

 

審査自体は厳しいものではないので比較的作りやすいでしょう。

 

また、楽天のプレミアムカードには特典としてプライオリティパスが付帯されます。

世界各国の主要な空港内のラウンジが利用できるのでとても便利です。

これだけでもビジネスカードを持つ価値はあると言えます。

 

グループで旅行に行ったとき、自分だけプライオリティパスを使って

ラウンジでくつろぐには気が引けるという方は、プライオリティパスで

複数の方も一緒にラウンジ利用が可能です。勿論自分以外の付き

添いの分のコストは掛かります。

コストを掛けたくないけど、ラウンジを利用したい!

でもカード年会費は払いたくない!

という方は、

ダイナースカードで一年間は年会費無料というキャンペーンを使って

その時だけラウンジを利用するという方法もあります。

前もってカードを作っておく必要はありますが、

労力を使ってもコスト削減を望む方には

そのような方法もあります。

 

会社が大きくなったらアメックスで法人カード

ビッグビジネスをしている経営者は、

アメックスの法人カードで経費をほとんど支払って、

その分のポイントをためて

毎月ファーストクラスなどのフライトを

無料でゲットして移動しているそうです。

 

例えば、会社の広告費や経費を

毎月5000万とか1億をカードで切ると、

すると大変な額のポイントが貯まります。

 

それをフライトに充てることができて、

それで無料でファーストクラスや

ビジネスクラスに乗ることができます。

 

つまり、支払いをカードに変えることによって、

ある意味贅沢もできてしまうわけです。

お金を払ってファーストクラスやビジネスクラスを利用するのではなく、

お金を払わずとも利用できる仕組みです。

 

☆結論

今現金で手渡したり、振り込んだりする費用があるのであれば、

個人の方も法人の方も、全てカードに変えた方が良いでしょう。

いざ何かあったときのために日頃使っていれば

与信枠(カード会社からの信頼)も大きくなっているでしょうし、

何より、ポイントが貯まることでキャッシュバックや

フライトチケットにと、

その他の商品になって返ってくるからです。

 

カードで無駄な毎月課金される固定費はコストカットすべきですが、

元々支払わざるを得ないものなら、カードで支払った方が得だということです。

Pocket